−ワスレラレナイ−

  • 2016年 5月
  • ガレリア・プント
  • 第4回 個展

 

創形美術学校でパリ滞在の帰国報告会展示をしました。

Cite Internationale des Artsで制作した作品と

帰国後に制作した作品の展示をしました。

だいぶ実家での制作にも慣れ30号のサイズでも落ち着いて完成させる事が出来るようになりました。

 

 

しかしこの頃の自分は作品についてだいぶ悩んでいました。

それは作品を発展させるにつれ世界観がパッキリと二つに分けれてしまったのです。

学生の頃に描いていた割と画面に細かく描き込む自分の内面と現代社会を表現したシリーズが一つ

もう一つがそれを描く側、描いていたあの日の記憶を形にしたシリーズの二つです。

二つの世界観の中心には夕陽がありましたが

この時の展示はただただ混ざらないように分けて展示していました。

 

 

帰国報告会ですので勿論報告会もしたのですが

今後話す時は時間配分の計画を立ててやろうと思います。

1時間では全然足り図なかなか悲惨なことになりました。

 

 

 


Pocket