1 松尾龍・フランス滞在  2 作品・創作テーマ・なぜ創作するのか  3 ジャンル・画材・技法

4 尊敬しているアーティス  5 好きな音楽  6 好きな映画

7 好きなアニメーション  8 好きな漫画  9 略歴・主な展示


 

 

−松尾龍−

埼玉県、所沢市出身で今も地元で制作をしています。

主に東京や埼玉、名古屋で展示をしています。

作品は油絵やペン画を作ることが多く

今後は半立体作品や立体作品も制作予定です。

好きな音楽ジャンルはプログレです。

 

 

 

 

 

 

−フランス滞在–

2015年の6月〜11月の約半年

フランスのパリにあるCite Internationale Des Artsに滞在した事が

自分の作品表現に一番大きな変化を与えたと思います。

その年の11月13日にパリで大規模なテロが起こり大勢の人が亡くなりました。

数日後自分は追悼をしにその現場に足を運びました。

町の賑わいは思っていたよりも早く訪れ

そこはさすがフランスだなと思いましたが

銃撃があった現場だけは違いました。

 

 

駅からその現場に近くなるにつれ、静まりかえり無音になりました。

乾いた空気の中で街が泣いているのを感じました。

そこには生々しい窓ガラスが割れた後

ボロボロになった日本食屋さん

一面に広がる手向けられた花の絨毯。

いろんな人種の人達がそこで泣き崩れていました。

その景色は今も頭の中に焼きついています。

 

 

その時、自分が見て学ばなければいけないものが

美術館の額縁の中には無いのだと気づかせてくれました。

本当に見なければいけない物が日常の中にこそあるのだと分かったのです。

そこからただただ細密に描くのではなく

描くべきリアリティーとはなんなのかを思惟し

現在の作風にたどり着きました。

そこから意識的にあの日見た記憶の形を描き始めました。

 

 

 


1 松尾龍・フランス滞在  2 作品・創作テーマ・なぜ創作するのか  3 ジャンル・画材・技法

4 尊敬しているアーティス  5 好きな音楽  6 好きな映画

7 好きなアニメーション  8 好きな漫画  9 略歴・主な展示

Pocket