どうも、画家の松尾龍です!

 

 

今回も“プログレ好きの画家 松尾龍 今日も変拍子”

書いていこうと思います。

 

2017年11月3日にいろんな展示を観に行ってきました。

文化の日ということもありとても人が多く

人口密度の多い所が苦手な自分はヘロヘロになってしまいました。

 

ただそれでも行って観てよかった展示が多かったので

いくつか紹介していきます!

 

 

 

−第91回黒点受賞作家展 国展秋季展−

 

 

最初に東京都美術館渡辺夕里子さんトークイベントを観にいきました

自分が創形美術学校の学生時代に教務補助をしていて

とてもお世話になりました。

 

毎年数多くの個展をされていて自分も毎回楽しみで観に行っています!

 

渡辺さんは今年、国画会新会員になられ

その受賞作家イベントの展示でした。

 

渡辺さん自身、人前で作品を説明することが少ないとおっしゃっていて

自分もあまり作品や詳しいコンセプトやテーマを聞いてきてはいなっかたので

今回のトークイベントをとても楽しみにしていました。

 

 

作品は3メートル縦にある作品で

入ってすぐの入り口近くに展示されていて

国展に優しく出迎えてくれました。

 

毎回本当に美しく淡く、そしてどこか寂しげで

その中に静かに燃える描くことへの情熱を感じます。

 

この画面の上で生き生きと泳ぐ色達は是非、生で観て頂きたいです。

 

写真なんかでは到底伝える事は出来ません。

 

本当に沢山の方々が集まり目を凝らし耳を澄ましイベントに参加していました。

 

渡辺さんの説明もとても丁寧でわかりやすく

使っている画材支持体制作プロセス

トークイベントに参加したお客さんへシーグラス和紙を配ったり

インスピレーションの素でもある海の写真なんかも話しながら見せたりと

見に来た人みんなワクワクでした。

 

 

前から海やシーグラスなんかと作品との世界とは関係がありそうと感じていましたが

ちょっと正解して嬉しかったです!

 

これでまた今までとは違った角度から作品を楽しむ事が出来るようになりました。

 

素敵な作品ですので是非観て下さい!

 

 

 

展覧会名 国展受賞作家展/国展秋季展

開催期間 2017年 11月1日(水)〜11月8日(水)

休館日  11月6日(月)

開催時間 9:30〜17:30(入場は17:00まで)

最終日  9:30〜14:00(入場は13:30まで)

展示会場 東京都美術館 LB階第3展示室/LB階第4展示室・B3階ギャラリーA

入場料金 無料

主催   国画会

 

 

11月3日に観た展示はまだあり

続きはパート3で!

 

 

それではあなたの中にいつもアートを!

 

バイバイ〜!

 

 

 

ブログ案内ページはこちら

Pocket

“プログレ好きの画家 松尾龍 今日も変拍子 パート2” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です